admin のすべての投稿

生活習慣も影響している?臭いと食べ物は関係しているのか?

「におい」というものは、匂い、香りならば人を気持ちの良い気分にさせます。

しかし、体臭、加齢臭、過激臭など、臭いとなると、本当に不快極まりないものです。

体臭や加齢臭を香水などでごまかしても、かえって臭いが混ざって強烈な悪臭を作ってしまいます。

あなたの「におい」はどちらでしょうか。


臭いは生活習慣も影響しているの?

別のコーナーで、頭皮の臭いがストレスに関係しているということが明らかになったことをお話ししました。

ストレスの多い生活習慣を送っていると、やはり頭皮だけでなく、身体全体の体臭をも引き起こします。

もちろん誰でもストレスは溜めたくはありませんが、いつも何かしら時間や仕事に追われた毎日を送り続けていると、自然とストレスがかかります。

またストレスの他にも、臭いやすい身体を作ってしまう生活習慣というものがいくつかあるようですので、チェックしてみませんか?

日頃から運動不足であまり汗をかかない生活を続けていると、汗そのものがベタベタしてしまい、そのベタベタした汗が雑菌を繁殖させます。

ですから、汗のかき始めは誰でも無臭なのですが、運動不足の人の汗は、かけばかくほど悪臭になります。

皮膚に常在している菌を繁殖させないためにも、適度な運動をして汗をかく習慣を身につけましょう。

そして、身体の洗い過ぎも原因の一つです。

清潔にしたいあまりにゴシゴシ洗うと、皮膚が洗い落とされた脂分を補おうと働き、皮脂を余分に分泌します。

洗浄成分の強いボディーソープは乾燥させるばかりでなく、かえって臭いを発生させるので、気を付けましょう。

また疲労が蓄積していると、肝機能が弱まって血液中のアンモニアの量が増えます。アンモニア臭は別名「疲労臭」と呼ばれています。

肝機能を低下させないためにも、疲労は避けましょうね。

あと、食事や嗜好品の習慣もポイントです。

以下のコーナーで詳しくお話していきます。


臭いと食べ物は関係しているのか?

もちろん臭いの原因になる食習慣があります。

それは、肉中心の食事です。脂分の多い食生活は、皮脂腺から分泌される油脂成分も多くなり体臭が強くなります。

日本の食生活も欧米化しているので、昔から比べると、日本人も体臭がキツくなったようです。

特に欧米人の80%がワキガを持っているという事実は否めません。

それから、嗜好品のタバコです。

タバコの吸い過ぎは、タバコに含まれるニコチンを始めとする沢山の有害成分が、体内では分解されずに汗と混じり独特な悪臭を放ちます。


まとめ

いかがでしたか?
心当たりのある人は、すぐにでも生活習慣を見直しましょうね。

キレイに洗えていないのが原因?頭皮と臭いの関係性について

頭から加齢臭がする原因は、キレイに洗えてないからかも知れません。

今日は頭皮と臭いの関係性について考えてみましょう。


キレイに洗えてないのが原因?

頭から加齢臭・・・とってもショックですよね。

毎日しっかりとシャンプーしているつもりでも、もしかしたら、キレイに洗えていないのかも知れません。

頭から加齢臭がする原因は、皮脂腺から分泌された皮脂に含まれる脂肪酸の酸化がまず挙げられます。

皮脂腺というのは、毛穴の奥にあります。人によって皮脂腺が多い人、働きが活発な人は、分泌される皮脂が多いので、加齢臭の原因になります。

シャンプーしてても臭いが気になる人は、もしかしたら、この毛穴の汚れや詰まりから気を付けた方が良さそうです。

また、普通のシャンプーでは、頭の加齢臭には追い付かないことも多いので、加齢臭に有効な成分の入ったシャンプーを使うことをおススメします。

もちろん、自分に合うシャンプーを選ぶだけでなく、正しい洗髪法を行ってくださいね。


頭皮と臭いの関係性について

頭の加齢臭対策を考える時、まずは、頭皮と臭いの関係性について知っておく必要があると思います。

頭皮の臭いは、洗髪の仕方が間違っていて起こる場合や、皮脂の分泌量によっても違ってくることは言うまでもありません。

しかし頭皮の臭いというものは、それだけで発生するものではありません。

実は頭皮の臭いは、ストレスによって体の中に活性酸素が出来て、その活性酸素が体内の脂質と結びつくことで過酸化脂質という臭いの原因になるのです。

現代社会に生きる私達の誰もが、このストレスを受けずに生活していくことはとても難しいものです。

ストレスは万病のもとと言われていますが、頭皮の臭いにまで影響を与えているとは、本当に驚くべき事実ですね。

ですから、出来るだけ日常の中にストレスを発散できる場面を作り出していくことこそが、頭皮の臭いを防ぐことに繋がります。

またこれから先の頭皮環境を考えると、ストレスを受けることは、抜け毛、薄毛の原因にもなります。

年齢を重ねていくことは、全身の老化を進めてしまうことなので、その老化、酸化(サビ)を防ぐためにも、明るい生活を送るよう心がけましょう。


まとめ

とても意外なところに頭皮と臭いの関係性があることが分かりましたね。

頭皮が臭う、加齢臭がする!と考えただけでそれもまたストレスになり、悪循環を招いてしまいます。

地肌に優しく、毛穴を清潔に保ってくれるシャンプーなどが、たくさん市販されていますので、臭いに気付いたら、まず実行あるのみです。

シャンプーに配合されている!加齢臭に有効とされる成分は?

日頃、何気なく使っているシャンプーですが、皆さんは、シャンプーのことをどのくらいご存知でしょうか。

特に頭皮の加齢臭が気になりだしたとなれば、自分が使っているシャンプーにはどんな成分が入っているのか知りたいと思いませんか?


シャンプーに配合されているものとは?

シャンプーに配合されている成分は、主に、泡立ち、洗浄力の優れた陰イオン界面活性剤です。

この界面活性剤というものは、化学構造中に水になじみやすい親水基と油になじみやすい親油基の両方を持っている物質の事です。

大別すると、アニオン活性剤と両性活性剤があり、界面活性剤の役目は、本来混ざる事のない水と油をつなぐという働きがあります。

シャンプーには、汚れを落とす洗浄基剤、泡立ちを保ち、洗浄基剤を助ける洗浄補助剤が主成分です。

その他、指通りを良くし、パサパサ感を防ぐコンディショニング剤、界面活性剤の安定を保つハイドロトロープ剤が配合されています。

以上4つの基盤に、様々な添加物を加えて、それぞれのシャンプーが出来上がります。

正しいシャンプーの選び方としては、石油系合成界面活性剤の入ったシャンプーを避けることです。

ラウリル硫酸Na、ラウリル硫酸カリウムなど、「ラウリル」と「硫酸」がつく成分の入ったシャンプーを避けることです。

これらは洗浄効果が高いのですが、頭皮や髪そのものに必要な脂質まで取り過ぎてしまう他、皮膚に残り、毛根に悪影響を及ぼしかねません。

また、パーマやカラーの持ちも悪くなりますので、心当たりのある人は気を付けましょう。

特に頭皮の加齢臭が気になる人は、毛穴の詰まりも原因の一つであることから、皮脂を取りすぎないよう注意が必要です。


加齢臭に有効とされる成分は?

それでは加齢臭に有効とされるシャンプーの成分はどんなものなのでしょうか。

女性に向いている加齢臭対策シャンプーを見てみましょう。

まず、消臭、防臭作用のある「柿渋」「茶エキス」「ハッカ葉エキス」「ティーツリー」や「ラベンダー」などの天然アロマ成分などが挙げられます。

これらの成分には、消臭効果の他にも、抗酸化成分や殺菌作用、リラックス効果などが期待されています。

そして、頭皮の洗浄作用で効果があるのが、「ビワ葉エキス」「ドクダミエキス」があり、頭皮の血行促進効果、頭皮の環境を清潔に保つ役目があります。

また、「イソフラボン」や「ショウガエキス」には抗酸化作用が強く、身体に有害な活性酸素の除去までしてくれるというのですから、注目したいですね。


まとめ

さあ、あなたも使用中のシャンプーを確認してみましょう。

加齢臭にしっかり効いて、髪には優しいシャンプーを使いたいですね。

ベッドの枕カバーがおっさん臭い!臭いを消す方法ってある?

あなたのベッドの枕カバー、臭いは大丈夫ですか?

枕カバーからおっさんの臭いがしてきて、ビックリしてしまった、ショックを受けたという女性が増えています。


ベッドの枕カバーがおっさん臭い!

シャンプーも毎日してるし、枕カバーもこまめに取り換えていても、枕カバーがおっさん臭くなるのは、頭の加齢臭が原因です。

枕には、頭や首の周りから出る汗、皮脂、そしてそれらに含まれる物質が臭いの元となります。

実は頭皮から出る皮脂は、夜間に多くなるといった研究結果もあります。

夫と自分、子供たちと生活していて、旦那さんの枕が異様に臭い!といった現象は、どこの家庭も少なくないようです。

その原因は、前述の頭皮から分泌される皮脂量が、男性ホルモンの影響で、女性よりも多いからといった事にもあります。

しかし女性である奥さまでも、油断は禁物です。

ホルモンバランスが乱れ始める40代に入った頃を境に、自分の枕の臭いに悩まされるようになります。

ご主人だけでなく、夫婦で枕の臭い対策をした方が良さそうです。


臭いを消す方法ってあるの?

では、枕の臭いを消す方法ってあるのでしょうか?

枕カバーを取り替えても臭いが残っている場合は、すでに枕本体の深部に臭いが充満しています。

枕を購入するときは、丸洗いの出来るウォッシャブル枕や、防ダニ・抗菌・消臭枕などを買いましょう。

洗えない枕の場合は、とにかく湿気をこもらせないことが大切です。

洗剤液に浸して固く絞ったタオルで枕の表面をよく拭き、水で濡らして固く絞ったタオルでしっかりと拭きましょう。

そのあとは、そば殻であろうと、羽毛、ウレタンにしろ、その素材に合った乾燥方法で、こまめに干すことが一番です。

天候や仕事の関係で、外に枕が干せない場合は、ファブリーズなどの除菌スプレーの活用もいいことです。

しかし消臭スプレーは、一時的に消臭しても、汚れそのものを取り除くことが難しいので、基本は洗うことが大切です。


まとめ

年齢に関係なく、おっさん臭にビックリ仰天している女性は、生活習慣も振り返ってみましょう。

肉中心の食生活や、夜型の生活や、リラックスできない、ストレスが溜まっている状態だと、頭の臭いを発しやすくなります。

枕を清潔に保ちながら、野菜中心で、規則正しい生活をして、適度に運動したり、好きな事に没頭したりしてストレスを解消しましょう。

加齢臭にはまだ早い人も、すでに慌てている人も、実践した方がいいですよ!

頭から加齢臭がする!臭いを抑える方法をいくつか調べてみた!

ん?何の臭い? 誰? え?もしかして私?
なんて身に覚えのある女性が増えていますが、あなたは大丈夫でしょうか?


頭から加齢臭がする!

頭の加齢臭というと、男性に限られたことだと、勘違いされている人が多いと思います。

しかし40代を過ぎた頃から、女性も頭の加齢臭を気にする人が非常に増えているようです。

それはなぜなのでしょうか。

40代というと、ちょうどホルモンの分泌に変化が現れはじめます。

このため年齢というより、ホルモンバランスによって加齢臭が発生してしまうといっても過言ではありません。

年齢が若い頃は、女性ホルモンが加齢臭を抑えてくれますが、女性ホルモンの分泌がだんだん少なくなると、臭いも徐々に出てきます。

頭皮の臭いそのものは、脂と汗が細菌で分解されて、ニオイのもとになる物質に変化することで発生します。

その頭皮の臭いに、髪の毛の臭いと加齢臭がダブルでプラスされると、どうにも強烈な臭いになってしまうわけです。

ですから頭皮と髪の毛を清潔にしていても、ホルモンの影響で加齢臭が発生し、今まではなかったような臭いがしてくるようになるのです。

反対に若さがあっても、ホルモンバランスが悪いと、加齢臭を発生させるかもしれません。


臭いを抑える方法をいくつか調べてみた!

では、頭の加齢臭を抑えるには、どうしたらいいのでしょうか。

ホルモンバランスを整えるための食事に気を付けたりストレスを溜めないことはもちろんです。

まず頭皮の臭いを防ぐには、シャンプーのすすぎ残しをなくすことです。

シャンプーの成分が頭皮に残って酸化するため、臭いを発します。

襟足、後頭部、生え際、もみあげは、特に念入りに洗い、すすぎましょう。

髪の毛の臭いはシャンプーで取れますが、加齢臭は、皮脂の毛穴詰まりが原因にもなっています。

しっかりとシャンプーしていても、毛穴詰まりは解消できないことが多いので、出来れば毛穴のクレンジングをした方がいいでしょう。

気になるからと洗いすぎても、逆に皮脂を取りすぎて頭皮が乾燥します。乾燥するとますます皮脂を分泌してしまいます。

頭皮のクレンジング剤や、余裕があれば、ヘッドスパのお店などで、プロに定期的にクレンジングしてもらうのも効果的です。

普段は、低刺激性のシャンプーを使ったりして、皮脂をコントロールしましょう。


まとめ

頭の加齢臭は、日頃の心がけで予防できますし、抑えることも可能です。

年齢を重ねれば、誰でも同じ悩みを持っています。

臭いを抑えて、素敵にアンチエイジングしましょう。