カテゴリー別アーカイブ: 臭いに関するコラム

意外と知らない人が多い!体臭や加齢臭は遺伝が関係している?

このコーナーでは、臭いに関することがたくさん勉強できたと思います。

しかし、私達には臭いのことで知らないことが、まだまだいっぱいあるようですよ。

体臭や加齢臭が遺伝に関係しているのでは?とのことなのです。

やっぱり調べておきたいですね。


意外と知らない人が多い!

「スメルハラスメント」という言葉を皆さんはご存知でしょうか。

この臭いに関する言葉が生まれたのも、私たちが臭いに対して、非常に高い関心、意識があることがうかがえますね。

しかも、実に70%以上の人が、他人の臭いが気になったことがあるというのですから、ちょっと心配になりませんか?

臭いの種類は、ここでいう加齢臭だけでなく、口臭、汗の臭い、生活臭、足や脇、性器の臭い、髪の臭い、脇の臭いなどなど数え切れないほどあります。

これだけたくさんの人が気になっている臭いは、年齢、性別に関係なく発せられ、なかなか改善が出来ないという点が残念です。

他人の臭いが気になっていても、本人には言えない、我慢すれば済むことと、人間関係を優先してしまうため、臭いが後回しになっています。

意外と知らない人が多い自分自身の臭いに、早く気付いて対策をしましょう。


体臭や加齢臭は遺伝が関係している?

ここで、もう一つ、ショッキングな情報をお伝えしなければなりません。

体臭や加齢臭が、遺伝と関係しているというのです。

最近、お母さんと同じ臭いがするんだけど・・・と娘から言われてハッとした女性もいます。

もちろん加齢臭自体が遺伝することは解明されていません。

でも加齢臭を発する原因の食生活や生活習慣が似ている、肥満傾向であるといった事などが、親から子へ引き継がれていくということは少なくありません。

たとえ加齢臭に遺伝的要因がないにしても、「加齢臭になりやすい体質が遺伝している」といった方が正しいでしょう。

一方で、体臭である「ワキガ」などは、悲しきかな50パーセント位の割合で、遺伝するといわれています。

自分の臭いが体臭なのか加齢臭なのか、境界線がはっきりしなくても、臭いに関して対策は同じです。

飲酒や喫煙、肉類、脂もの中心の食生活、夜更かし、睡眠不足、運動不足、ストレス、過労は、臭いの大きな原因であり、病気をも引き起こします。


まとめ

考えてみてください、いつも適度に運動したりして汗を流し、規則正しい生活をして、身体に良いものを摂取している人は、
とても健康で、汗をかいてもサラッとしています。

遺伝や悪い習慣を断ち切って、臭いを撃退するためには、自助努力していくことが必要です。

臭いに年齢は関係ない?何歳から加齢臭を発するようになるの?

加齢臭とひと口に言いますが、加齢臭とはいったい何歳から発するようになるのでしょうか。

臭いに年齢って関係ないはないのでしょうか。


臭いに年齢は関係ない?

臭いが発生する原因はたくさんあります。

人は基本的に自分自身の臭いには敏感だと思います。

しかしその臭いが心地よいものであるかないかに関わらず、常に漂った状態が続くと、その臭いに慣れてしまって麻痺してしまいます。

その証拠に、病院で働いている人達は、なんとなく消毒薬のにおいがしたり、大工さんは木の香りがしたり、コックさんは油やお料理、お菓子屋さんは甘い香りがしたりしますよね。

これらは職業柄臭いがついてしまうので、仕方のないことなのですが、加齢臭や体臭は、心がけ次第で予防できるものです。

近年では、日ごろの生活習慣の影響で、20代という若い年代においても何らかの加齢臭があると報告されています。

若年性加齢臭と言って、喫煙、不規則な生活、欧米化した食事内容、過労、ストレス、運動不足などなど、臭いに年齢は関係ありません。

恐ろしいことに、若い人たちも加齢臭が忍び寄っています。


何歳から加齢臭を発するようになるの?

そもそも加齢臭というものは、資生堂による造語です。

加齢臭とは、主に中高年にみられる独自の体臭のことで、女性で言えば40歳くらいから気になる人が増えてくるようです。

何歳から?とははっきりしていませんが、ホルモンの影響などで、誰でも年齢を重ねていくと、避けられないことみたいですね。

しかし、その人の生活習慣次第によっては、先ほどご説明したように、20代、30代でも「オヤジ臭」?を発する女性も多くなっています。

40代にもまだなっていないのに、加齢臭みたいな感じがすると気付いた方は、要注意です。

動物性脂肪の摂取を控えたり、身体を清潔に保つこと、疲労やストレスを溜め込まないようにするだけでも、臭いを予防することが出来ると思います。

40代を過ぎると、どうしても女性ホルモンの分泌が減ってくるせいで、普通に体を洗っていても臭いが気になる・・・といった状況になる事も多いものです。

臭いが気になるからと、やたら香水などを使用すると、これがまた加齢臭と混ざって、独特の強烈な臭いに変化しますので、くれぐれもご注意を。


まとめ

臭いに年齢は関係ないことがはっきりしましたね。

あなたは大丈夫ですか?

今はまだ加齢臭はないわと安心していても、予防をしなければ必ずいつかやってきます。

オシャレやお化粧に気を遣う前に、周りに不快な思いをさせないよう、臭い対策、しっかりとやっていきましょう。

子供の頭が臭い!しっかりと頭を洗っているのに何故臭うの?

自分の臭いも気になるけれど、子供の頭も臭い!

頭はしっかり洗っているのに何故なの?と不安になっているお母さん、一緒に考えてみましょう。


子供の頭が臭い!

子供の頭が臭いのは、汗をよくかいたり、ただ単に新陳代謝がいいから・・・という理由だけではなさそうです。

毎日しっかりと洗えていると思っていても、頭皮に皮脂が詰まっていることも多々あります。

躾の一環で、子供だけでシャンプーをさせている場合は、要注意です。時々はチェックも兼ねて、親であるあなた自身が仕上げ洗いをしてあげましょう。

特に10歳前後の女の子になると、親と一緒にお風呂に入りたがらなくなります。

その上、その頃から運動量や食事量が増えてくるだけでなく、ホルモンなども関係してきますので、臭いが気になるようになります。


しっかりと頭を洗っているのに何故臭うの?

子供さんの頭が臭うのにも原因があります。

昔と比べると食生活が欧米化しているので、肉中心の献立になっていませんか?

肉は動物性のたんぱく質ですから、肉類の揚げ物などが好きで食べ過ぎると、頭だけでなく体臭がキツクなります、大人も同じです。

確かにお肉類はとっても美味しいですが、野菜や海藻類、魚もバランスよく肉以上に食べさせたいものです。

それでは子供さんの頭の臭いが気になる時の、おススメのシャンプーはあるのでしょうか。

効果があったと口コミが多いのが、「メリット」「H&Sヘッドスパ」「オクト」「レヴール」などです。

しかしシャンプーには、石油系の合成界面活性剤が含まれている場合が多く、特に洗浄力の高いシャンプーは刺激性に注意が必要です。

効果の方も一時的なものであるとの見方も根強く、また臭いが戻ってきたと感じている人が少なくありません。

そこでシャンプーそのものの使用をやめて、オリーブ石鹸で全身を洗うといった方法をとっている人達が増えています。

しかもオリーブオイルは台所の洗剤代わりにもなるので、手肌のケアにこだわる人にもおすすめの石鹸です。

ただ、お値段がちょっと高いことと、消臭効果があっても良い香りはしないというのがちょっぴり残念な点ですね。


まとめ

子供の頭の臭いも、大人の臭いも、シャンプーの選び方、洗い方、そして食生活の見直しなど、生活すべてにおいて改善しなければなりません。

また、香りに注目するなら、アロマなどを活用するのもいいでしょう。

消臭効果のあるティーツリーにラベンダーで香りづけをすると、頭がすっきりとした香りに包まれ、リラックス効果も期待できますよ。

もしかして加齢臭かも?耳の後ろから強い臭いを発する原因

耳の後ろから何か強烈な臭いがする方、もしかしたら加齢臭かもしれませんよ!

臭いの原因は何なのでしょうか。


もしかして加齢臭かも?

もしかして加齢臭かもしれない!と感じているあなた、必見です。

加齢臭は、主に40代のホルモンバランスが崩れてくる頃から発生しやすくなるものです。

しかし最近では、若年性加齢臭というものがあり、20代、30代という若い世代であっても加齢臭に注意が必要であると言われています。

年齢を重ねていくと、皮脂の中の過酸化脂質や脂肪酸が増えていき、抗酸化力が落ちて脂肪酸が酸化します。

このとき作られるのがノネナールという成分で、これが加齢臭の原因物質です。

加齢臭を抑えるのが抗酸化物質で、活性酸素を除去する役目があるのですが、どうしても加齢とともに抗酸化物質が減ってしまいます。

このため加齢臭が発生するのですが、最近では若い世代でも、タバコや暴飲暴食、睡眠不足など悪い生活習慣の影響で、活性酸素が溜まりやすい体になっています。

活性酸素が溜まり続けると、たとえ若くても加齢臭がしたり、メタボリックシンドローム、生活習慣病などを引き起こします。

また、偏食をしたり、運動をしない、肥満、または過度なダイエットなども体のバランスを崩し加齢臭の原因になります。

何か臭う?と思ったら、若くても加齢臭を疑っていいかも知れませんね、ショックですが。


耳の後ろから強い臭いを発する原因とは?

よく、耳の後ろから加齢臭がするという話はよく聞きますが、それはなぜなのでしょうか。

耳の後ろには、実はアポクリン汗腺が集中しているためです。

アポクリン汗腺は、耳の後ろ以外にも脇、胸、背中、性器周辺にもあります。

耳の後ろが特に臭う原因は、耳の後ろ洗いは残しが多かったり、皮脂が酸化しやすい部位です。

また、女性のヘアスタイルによっては髪の油や汚れもつくし、髪で耳が隠れている方は通気性も悪くなります。

耳の後ろからの加齢臭を防ぐには、しっかりと洗って清潔に保つことはもちろんのことです。

その他にも、脂分の多い肉中心の食事や加工食品の取りすぎなどは、皮脂腺に脂が溜まりやすくなりますので気を付けましょう。


まとめ

耳の後ろに限らず、加齢臭、体臭を防ぐためには、日ごろの生活習慣の見直しが必要です。

身体に良いものを摂取したり、運動やストレス解消、心身のリラックスは、加齢臭や病気を予防してくれます。

少しずつ改善していけたらいいですね。


生活習慣も影響している?臭いと食べ物は関係しているのか?

「におい」というものは、匂い、香りならば人を気持ちの良い気分にさせます。

しかし、体臭、加齢臭、過激臭など、臭いとなると、本当に不快極まりないものです。

体臭や加齢臭を香水などでごまかしても、かえって臭いが混ざって強烈な悪臭を作ってしまいます。

あなたの「におい」はどちらでしょうか。


臭いは生活習慣も影響しているの?

別のコーナーで、頭皮の臭いがストレスに関係しているということが明らかになったことをお話ししました。

ストレスの多い生活習慣を送っていると、やはり頭皮だけでなく、身体全体の体臭をも引き起こします。

もちろん誰でもストレスは溜めたくはありませんが、いつも何かしら時間や仕事に追われた毎日を送り続けていると、自然とストレスがかかります。

またストレスの他にも、臭いやすい身体を作ってしまう生活習慣というものがいくつかあるようですので、チェックしてみませんか?

日頃から運動不足であまり汗をかかない生活を続けていると、汗そのものがベタベタしてしまい、そのベタベタした汗が雑菌を繁殖させます。

ですから、汗のかき始めは誰でも無臭なのですが、運動不足の人の汗は、かけばかくほど悪臭になります。

皮膚に常在している菌を繁殖させないためにも、適度な運動をして汗をかく習慣を身につけましょう。

そして、身体の洗い過ぎも原因の一つです。

清潔にしたいあまりにゴシゴシ洗うと、皮膚が洗い落とされた脂分を補おうと働き、皮脂を余分に分泌します。

洗浄成分の強いボディーソープは乾燥させるばかりでなく、かえって臭いを発生させるので、気を付けましょう。

また疲労が蓄積していると、肝機能が弱まって血液中のアンモニアの量が増えます。アンモニア臭は別名「疲労臭」と呼ばれています。

肝機能を低下させないためにも、疲労は避けましょうね。

あと、食事や嗜好品の習慣もポイントです。

以下のコーナーで詳しくお話していきます。


臭いと食べ物は関係しているのか?

もちろん臭いの原因になる食習慣があります。

それは、肉中心の食事です。脂分の多い食生活は、皮脂腺から分泌される油脂成分も多くなり体臭が強くなります。

日本の食生活も欧米化しているので、昔から比べると、日本人も体臭がキツくなったようです。

特に欧米人の80%がワキガを持っているという事実は否めません。

それから、嗜好品のタバコです。

タバコの吸い過ぎは、タバコに含まれるニコチンを始めとする沢山の有害成分が、体内では分解されずに汗と混じり独特な悪臭を放ちます。


まとめ

いかがでしたか?
心当たりのある人は、すぐにでも生活習慣を見直しましょうね。