生活習慣も影響している?臭いと食べ物は関係しているのか?

「におい」というものは、匂い、香りならば人を気持ちの良い気分にさせます。

しかし、体臭、加齢臭、過激臭など、臭いとなると、本当に不快極まりないものです。

体臭や加齢臭を香水などでごまかしても、かえって臭いが混ざって強烈な悪臭を作ってしまいます。

あなたの「におい」はどちらでしょうか。


臭いは生活習慣も影響しているの?

別のコーナーで、頭皮の臭いがストレスに関係しているということが明らかになったことをお話ししました。

ストレスの多い生活習慣を送っていると、やはり頭皮だけでなく、身体全体の体臭をも引き起こします。

もちろん誰でもストレスは溜めたくはありませんが、いつも何かしら時間や仕事に追われた毎日を送り続けていると、自然とストレスがかかります。

またストレスの他にも、臭いやすい身体を作ってしまう生活習慣というものがいくつかあるようですので、チェックしてみませんか?

日頃から運動不足であまり汗をかかない生活を続けていると、汗そのものがベタベタしてしまい、そのベタベタした汗が雑菌を繁殖させます。

ですから、汗のかき始めは誰でも無臭なのですが、運動不足の人の汗は、かけばかくほど悪臭になります。

皮膚に常在している菌を繁殖させないためにも、適度な運動をして汗をかく習慣を身につけましょう。

そして、身体の洗い過ぎも原因の一つです。

清潔にしたいあまりにゴシゴシ洗うと、皮膚が洗い落とされた脂分を補おうと働き、皮脂を余分に分泌します。

洗浄成分の強いボディーソープは乾燥させるばかりでなく、かえって臭いを発生させるので、気を付けましょう。

また疲労が蓄積していると、肝機能が弱まって血液中のアンモニアの量が増えます。アンモニア臭は別名「疲労臭」と呼ばれています。

肝機能を低下させないためにも、疲労は避けましょうね。

あと、食事や嗜好品の習慣もポイントです。

以下のコーナーで詳しくお話していきます。


臭いと食べ物は関係しているのか?

もちろん臭いの原因になる食習慣があります。

それは、肉中心の食事です。脂分の多い食生活は、皮脂腺から分泌される油脂成分も多くなり体臭が強くなります。

日本の食生活も欧米化しているので、昔から比べると、日本人も体臭がキツくなったようです。

特に欧米人の80%がワキガを持っているという事実は否めません。

それから、嗜好品のタバコです。

タバコの吸い過ぎは、タバコに含まれるニコチンを始めとする沢山の有害成分が、体内では分解されずに汗と混じり独特な悪臭を放ちます。


まとめ

いかがでしたか?
心当たりのある人は、すぐにでも生活習慣を見直しましょうね。