もしかして加齢臭かも?耳の後ろから強い臭いを発する原因

耳の後ろから何か強烈な臭いがする方、もしかしたら加齢臭かもしれませんよ!

臭いの原因は何なのでしょうか。


もしかして加齢臭かも?

もしかして加齢臭かもしれない!と感じているあなた、必見です。

加齢臭は、主に40代のホルモンバランスが崩れてくる頃から発生しやすくなるものです。

しかし最近では、若年性加齢臭というものがあり、20代、30代という若い世代であっても加齢臭に注意が必要であると言われています。

年齢を重ねていくと、皮脂の中の過酸化脂質や脂肪酸が増えていき、抗酸化力が落ちて脂肪酸が酸化します。

このとき作られるのがノネナールという成分で、これが加齢臭の原因物質です。

加齢臭を抑えるのが抗酸化物質で、活性酸素を除去する役目があるのですが、どうしても加齢とともに抗酸化物質が減ってしまいます。

このため加齢臭が発生するのですが、最近では若い世代でも、タバコや暴飲暴食、睡眠不足など悪い生活習慣の影響で、活性酸素が溜まりやすい体になっています。

活性酸素が溜まり続けると、たとえ若くても加齢臭がしたり、メタボリックシンドローム、生活習慣病などを引き起こします。

また、偏食をしたり、運動をしない、肥満、または過度なダイエットなども体のバランスを崩し加齢臭の原因になります。

何か臭う?と思ったら、若くても加齢臭を疑っていいかも知れませんね、ショックですが。


耳の後ろから強い臭いを発する原因とは?

よく、耳の後ろから加齢臭がするという話はよく聞きますが、それはなぜなのでしょうか。

耳の後ろには、実はアポクリン汗腺が集中しているためです。

アポクリン汗腺は、耳の後ろ以外にも脇、胸、背中、性器周辺にもあります。

耳の後ろが特に臭う原因は、耳の後ろ洗いは残しが多かったり、皮脂が酸化しやすい部位です。

また、女性のヘアスタイルによっては髪の油や汚れもつくし、髪で耳が隠れている方は通気性も悪くなります。

耳の後ろからの加齢臭を防ぐには、しっかりと洗って清潔に保つことはもちろんのことです。

その他にも、脂分の多い肉中心の食事や加工食品の取りすぎなどは、皮脂腺に脂が溜まりやすくなりますので気を付けましょう。


まとめ

耳の後ろに限らず、加齢臭、体臭を防ぐためには、日ごろの生活習慣の見直しが必要です。

身体に良いものを摂取したり、運動やストレス解消、心身のリラックスは、加齢臭や病気を予防してくれます。

少しずつ改善していけたらいいですね。