臭いに年齢は関係ない?何歳から加齢臭を発するようになるの?

加齢臭とひと口に言いますが、加齢臭とはいったい何歳から発するようになるのでしょうか。

臭いに年齢って関係ないはないのでしょうか。


臭いに年齢は関係ない?

臭いが発生する原因はたくさんあります。

人は基本的に自分自身の臭いには敏感だと思います。

しかしその臭いが心地よいものであるかないかに関わらず、常に漂った状態が続くと、その臭いに慣れてしまって麻痺してしまいます。

その証拠に、病院で働いている人達は、なんとなく消毒薬のにおいがしたり、大工さんは木の香りがしたり、コックさんは油やお料理、お菓子屋さんは甘い香りがしたりしますよね。

これらは職業柄臭いがついてしまうので、仕方のないことなのですが、加齢臭や体臭は、心がけ次第で予防できるものです。

近年では、日ごろの生活習慣の影響で、20代という若い年代においても何らかの加齢臭があると報告されています。

若年性加齢臭と言って、喫煙、不規則な生活、欧米化した食事内容、過労、ストレス、運動不足などなど、臭いに年齢は関係ありません。

恐ろしいことに、若い人たちも加齢臭が忍び寄っています。


何歳から加齢臭を発するようになるの?

そもそも加齢臭というものは、資生堂による造語です。

加齢臭とは、主に中高年にみられる独自の体臭のことで、女性で言えば40歳くらいから気になる人が増えてくるようです。

何歳から?とははっきりしていませんが、ホルモンの影響などで、誰でも年齢を重ねていくと、避けられないことみたいですね。

しかし、その人の生活習慣次第によっては、先ほどご説明したように、20代、30代でも「オヤジ臭」?を発する女性も多くなっています。

40代にもまだなっていないのに、加齢臭みたいな感じがすると気付いた方は、要注意です。

動物性脂肪の摂取を控えたり、身体を清潔に保つこと、疲労やストレスを溜め込まないようにするだけでも、臭いを予防することが出来ると思います。

40代を過ぎると、どうしても女性ホルモンの分泌が減ってくるせいで、普通に体を洗っていても臭いが気になる・・・といった状況になる事も多いものです。

臭いが気になるからと、やたら香水などを使用すると、これがまた加齢臭と混ざって、独特の強烈な臭いに変化しますので、くれぐれもご注意を。


まとめ

臭いに年齢は関係ないことがはっきりしましたね。

あなたは大丈夫ですか?

今はまだ加齢臭はないわと安心していても、予防をしなければ必ずいつかやってきます。

オシャレやお化粧に気を遣う前に、周りに不快な思いをさせないよう、臭い対策、しっかりとやっていきましょう。