意外と知らない人が多い!体臭や加齢臭は遺伝が関係している?

このコーナーでは、臭いに関することがたくさん勉強できたと思います。

しかし、私達には臭いのことで知らないことが、まだまだいっぱいあるようですよ。

体臭や加齢臭が遺伝に関係しているのでは?とのことなのです。

やっぱり調べておきたいですね。


意外と知らない人が多い!

「スメルハラスメント」という言葉を皆さんはご存知でしょうか。

この臭いに関する言葉が生まれたのも、私たちが臭いに対して、非常に高い関心、意識があることがうかがえますね。

しかも、実に70%以上の人が、他人の臭いが気になったことがあるというのですから、ちょっと心配になりませんか?

臭いの種類は、ここでいう加齢臭だけでなく、口臭、汗の臭い、生活臭、足や脇、性器の臭い、髪の臭い、脇の臭いなどなど数え切れないほどあります。

これだけたくさんの人が気になっている臭いは、年齢、性別に関係なく発せられ、なかなか改善が出来ないという点が残念です。

他人の臭いが気になっていても、本人には言えない、我慢すれば済むことと、人間関係を優先してしまうため、臭いが後回しになっています。

意外と知らない人が多い自分自身の臭いに、早く気付いて対策をしましょう。


体臭や加齢臭は遺伝が関係している?

ここで、もう一つ、ショッキングな情報をお伝えしなければなりません。

体臭や加齢臭が、遺伝と関係しているというのです。

最近、お母さんと同じ臭いがするんだけど・・・と娘から言われてハッとした女性もいます。

もちろん加齢臭自体が遺伝することは解明されていません。

でも加齢臭を発する原因の食生活や生活習慣が似ている、肥満傾向であるといった事などが、親から子へ引き継がれていくということは少なくありません。

たとえ加齢臭に遺伝的要因がないにしても、「加齢臭になりやすい体質が遺伝している」といった方が正しいでしょう。

一方で、体臭である「ワキガ」などは、悲しきかな50パーセント位の割合で、遺伝するといわれています。

自分の臭いが体臭なのか加齢臭なのか、境界線がはっきりしなくても、臭いに関して対策は同じです。

飲酒や喫煙、肉類、脂もの中心の食生活、夜更かし、睡眠不足、運動不足、ストレス、過労は、臭いの大きな原因であり、病気をも引き起こします。


まとめ

考えてみてください、いつも適度に運動したりして汗を流し、規則正しい生活をして、身体に良いものを摂取している人は、
とても健康で、汗をかいてもサラッとしています。

遺伝や悪い習慣を断ち切って、臭いを撃退するためには、自助努力していくことが必要です。