キレイに洗えていないのが原因?頭皮と臭いの関係性について

頭から加齢臭がする原因は、キレイに洗えてないからかも知れません。

今日は頭皮と臭いの関係性について考えてみましょう。


キレイに洗えてないのが原因?

頭から加齢臭・・・とってもショックですよね。

毎日しっかりとシャンプーしているつもりでも、もしかしたら、キレイに洗えていないのかも知れません。

頭から加齢臭がする原因は、皮脂腺から分泌された皮脂に含まれる脂肪酸の酸化がまず挙げられます。

皮脂腺というのは、毛穴の奥にあります。人によって皮脂腺が多い人、働きが活発な人は、分泌される皮脂が多いので、加齢臭の原因になります。

シャンプーしてても臭いが気になる人は、もしかしたら、この毛穴の汚れや詰まりから気を付けた方が良さそうです。

また、普通のシャンプーでは、頭の加齢臭には追い付かないことも多いので、加齢臭に有効な成分の入ったシャンプーを使うことをおススメします。

もちろん、自分に合うシャンプーを選ぶだけでなく、正しい洗髪法を行ってくださいね。


頭皮と臭いの関係性について

頭の加齢臭対策を考える時、まずは、頭皮と臭いの関係性について知っておく必要があると思います。

頭皮の臭いは、洗髪の仕方が間違っていて起こる場合や、皮脂の分泌量によっても違ってくることは言うまでもありません。

しかし頭皮の臭いというものは、それだけで発生するものではありません。

実は頭皮の臭いは、ストレスによって体の中に活性酸素が出来て、その活性酸素が体内の脂質と結びつくことで過酸化脂質という臭いの原因になるのです。

現代社会に生きる私達の誰もが、このストレスを受けずに生活していくことはとても難しいものです。

ストレスは万病のもとと言われていますが、頭皮の臭いにまで影響を与えているとは、本当に驚くべき事実ですね。

ですから、出来るだけ日常の中にストレスを発散できる場面を作り出していくことこそが、頭皮の臭いを防ぐことに繋がります。

またこれから先の頭皮環境を考えると、ストレスを受けることは、抜け毛、薄毛の原因にもなります。

年齢を重ねていくことは、全身の老化を進めてしまうことなので、その老化、酸化(サビ)を防ぐためにも、明るい生活を送るよう心がけましょう。


まとめ

とても意外なところに頭皮と臭いの関係性があることが分かりましたね。

頭皮が臭う、加齢臭がする!と考えただけでそれもまたストレスになり、悪循環を招いてしまいます。

地肌に優しく、毛穴を清潔に保ってくれるシャンプーなどが、たくさん市販されていますので、臭いに気付いたら、まず実行あるのみです。